早めに自治体へ寄附金を納めよう【ふるさと納税のメリット】

地域の活性化になる

お肉

ふるさと納税は地方の自治体の活性化に繋がります。日本では少子化が社会問題となっており、年々高齢者が増えている状況です。地方になると更に深刻な問題となります。若い人は仕事を求めて都心部へと上京する人が多いので、高齢者ばかりとなります。そのため、過疎化が進んでいる地方が増えているのです。そのため、寄附金を納めることで地方の自治体を機能させることができます。

ふるさと納税をすると謝礼の品をもらうことができます。地域限定の食べ物だったり、宿泊券だったり、いろいろなプレゼントが用意されています。また、それだけではなく所得税や住民税の控除をすることができるのです。限度額は決まっていますが、実質負担額の2000円でお得にプレゼントまでもらうことができます。ふるさと納税は寄附金を納める側にも大きなメリットがあるのです。

所得税や住民税を控除してもらうには、確定申告が非常に重要となります。手続きを忘れてしまうと控除してもらうことができないですし、結局高くついてしまいます。また、謝礼の品とともにふるさと納税をした証明書が届きます。この書類は確定申告の際に必要となるので、紛失しないように大切に保管する必要があります。万が一紛失した場合は、再発行を行なうことができるところもあるので、早急に問い合わせをするようにしましょう。自分が生まれ育った町や、旅行先で訪れた町に貢献したい人にとって、ふるさと納税は画期的なシステムとなるのです。